HOME  >  からだタイムズ  >  洗剤で洗ってもシャツから男性の体臭!?奥さま必見お手がる洗濯術!!

洗剤で洗ってもシャツから男性の体臭!?奥さま必見お手がる洗濯術!!

洗濯後の衣類の香りや臭いに対する消費者の意識は非常に高く、衣類の消臭のみならず、部屋干し臭の抑制や香りがついた洗剤が数多く販売されていますね。特に洗濯後に残る臭いが気になって仕方がないという方は多く、『夫の洗濯物の臭い』に関して頭を悩ませている奥さま方もいらっしゃるのではないかと思います。そこで今回は、ちょっとした手間をかけることでシャツから男性の体臭を消す方法を徹底調査。ぜひ、日々のお洗濯の参考にしてください。

  • 代表取締役 横尾一浩
  • ●この記事を書いた人●

    グリーンハウス株式会社

    代表取締役 横尾一浩

    15年以上に亘り、医師や専門家の方々と意見を交わしながら「臭い」を研究し、数多くの臭い対策サプリをつくってきました。その経験の中で得た「体臭」や「加齢臭」に関する幅広い知識を、読者の皆さんのために余すことなくお伝えいたします。

  1. 目次

    1. 洗濯した服が臭う!その原因は?
    2. 洗濯物の汚れはどうやって落とす?
    3. 汚れ落とし洗剤の主役!石けん!!
    4. 衣服の臭いを防ぐ!固形石けんを用いた部分洗い
    5. オススメ!部分洗い用洗濯石けん
    6. 衣類からの体臭を防ぐ!ワンポイント洗濯法
    7. まとめ

洗濯した服が臭う!その原因は?

洗濯した服が臭う原因とは?

そもそも洗濯物についているのは何の汚れでしょうか。「洗濯物の汚れ」は大きく3つに分類することができます。

  • 1.衣類に付着した襟や袖口の黒ずみ、食べ物や泥、ホコリなど。
    目に見えるので「洗濯したら落ちた」と実感できる汚れです。

    2.体の内部から出てくる汚れ(汗・皮脂)
    皮脂や汗の汚れは無色透明で目に見えないので、汚れが落ちたことを確認することができません。特に皮脂は冷たい水では落ちず、繊維の奥まで入り込んで残ってしまうことが多いです。

    3.雑菌
    上記2つの汚れが残っていると、発生するのが雑菌です。特に体から出た皮脂やタンパク質の汚れは栄養分が豊富なので、そこから雑菌が繁殖してニオイが発生します。特に湿った時間が長ければ長いほど雑菌が繁殖して、生乾き臭の元になってしまいます。

以上のように、においの原因は『皮脂や汗などの汚れが落ちず、その汚れをエサに雑菌が繁殖する』ことです。雑菌の繁殖には「栄養(汚れ)」「水分」「温度」の3つが関係しています。したがって汚れの残った洗濯物を、あたたかな室内で時間をかけて乾かす「部屋干し」は雑菌の温床になりやすいのです。さらに合成洗剤や柔軟剤の強い香りは、人口香料が繊維に残留すると元の汚れと混じりあい、嫌なニオイの原因になるので注意が必要になります。

洗濯物の汚れはどうやって落とす?

汚れの性質を化学的に分類すると、汚れの9割は「酸性」になります。汗や皮脂は時間が経つと酸っぱいニオイがするので「酸性」です。酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使って中和することで落ちます。したがってアルカリ性の洗濯洗剤を使えば理論上は落ちるはずですが、それだけでは衣類の皮脂汚れを完全に落とすことができないんです。その理由はアルカリ剤で汚れを中和しようとしても浸透力が弱く、繊維の中に皮脂汚れが入り込んでいると完全に落とすことが難しいからです。

そこで繊維に入り込んだ皮脂汚れをしっかりと落とすことができる優秀なものがあります。それは身近にある「石けん」を代表とする界面活性剤です。石けんも合成洗剤も弱アルカリ性で界面活性剤が含まれています。界面活性剤は浸透力が高く、本来は水に溶けないアブラ汚れを包んで粒にして水に溶かすことで、繊維の中に染み込んだ皮脂汚れをしっかりと落としてくれるのです。

汚れ落とし洗剤の主役!石けん!!

便秘の予防方法を解説

洗濯用洗剤は合成洗剤を使用している方が多く、『石けん』を選択肢に入れている方は少ないと思います。しかし洗濯用石けんには衣類からの体臭対策に効果のある素晴らしい特長があるんです。

メリット

石けんは環境に優しい天然の界面活性剤で、素早く繊維に浸透し皮脂の汚れを乳化して溶かし出すことができます。さらに石けんの成分であるグリセリンには保湿効果があるため、柔軟剤を使用しなくても衣類をふんわりと仕上げることができます。

デメリット

もちろんデメリットもあります。石けんは油脂が原料なので酸性の汚れが強いとベタベタとしたアブラに戻ったり、しっかり濯がないと石けんカスが繊維に残ってアブラの酸化臭が発生してしまいます。また、20℃以下の水には溶けにくく、冷たい水だと溶け残る可能性もあります。

石けんだけで洗濯をするのはハードルが高い?

合成洗剤に慣れている方がいきなり洗濯用石けんに変えることは、扱いが非常に難しく失敗することも多いです。そこで洗濯用石けんを用いた「部分洗い」がオススメ。襟・わき・袖口はとくに角質や皮脂がつきやすく繊維の奥の方に入り込んでいることが多いため、洗濯機で洗う前に固形の洗濯用石けんで部分洗い(予備洗い)することで、衣類の消臭対策に効果を発揮します。

衣服の臭いを防ぐ!固形石けんを用いた部分洗い

襟や袖口の黒ずみやワキの下の黄ばみなどは角質や皮脂汚れのサインです。そのまま洗濯機に入れて洗剤で洗っても、繊維の奥に入り込んだ皮脂までは落とせず、衣服からの嫌なニオイの原因になります。これは洗濯機に投入する前に部分洗いをすることで対策が可能です。

まずは襟や袖口をお湯でぬらして固形の洗濯用石けんを塗り付けます。洗濯用ブラシを使って繊維に沿ってブラシを動かし、繊維の間に入り込んだ汚れをかき出します。繊維を傷つけないように優しくこすりましょう。その後、洗濯ネットに衣服を入れて通常の洗濯を行って下さい。これだけで衣服の臭いが格段に変わります。

オススメ!部分洗い用洗濯石けん

【ウタマロ】ウタマロ石けん

【ウタマロ】ウタマロ石けん

ガンコな汚れも簡単キレイ エリ・ソデ、くつ下、泥汚れなどに
汚れを落とすパワーが最大の特長。水に溶けやすく塗りやすい石けんなので、繊維の奥に入り込んでいる汚れを溶かし出し、生地も傷めにくいのでオススメ。泥汚れ・皮脂汚れ・化粧品汚れなど、幅広い範囲の汚れに対応しています。

【品名】洗濯用石けん
【成分】純石けん分(98%、脂肪酸ナトリウム)、蛍光増白剤
【製造時重量】133g



【ミヨシ】NEW純石けん

【ミヨシ】NEW純石けん

高純度だからパワフル
襟・わき・袖口などの部分洗いにおすすめ。汚れをスッキリ落として、ふんわり仕上がります。無香料、無着色なので香りでごまかしたりしません。

【品名】洗濯用石けん
【成分】純石けん分(98%、脂肪酸ナトリウム)
【重量】190g

衣類からの体臭を防ぐ!ワンポイント洗濯法

衣類からの体臭を防ぐ洗濯方法

大量の汗ジミは水で洗い流す

汗は水溶性の汚れなので洗剤がなくても水で落ちます。したがって先に水洗いして汗を流すことで洗剤が皮脂汚れに集中できるため、臭い対策には非常に有用です。汗が染みついている衣服を洗濯機に入れて水で2~3分まわし、脱水した後に他の衣類と一緒に洗剤を使った通常の洗濯を行って下さい。

洗濯ネットを使う

洗濯機の水流が衣類をゴシゴシこすって汚れを落とすというイメージを持っている人が多いですが、実はそれ間違いなんです。前述のとおり、汚れを落とすのに大きな働きをしているのは界面活性剤。洗濯機の水流は、繊維の中の汚れを効率よく水の中に流し出すためのものです。したがって、洗濯物が水の中で泳ぎやすくするために、「洗濯ネット」を使うことが非常に重要。長袖のシャツや肌着、長ズボン、スカート、エプロン、ハイソックスなどは洗濯ネットに入れて絡まりを防ぎ、洗剤が浸透しやすくなるようにしましょう。

しつこい衣類の臭いは ”浸けおき法”

石けんで部分洗いをしても臭いが取れない場合、臭いの原因である「雑菌」が衣服に残っているからかもしれません。その場合は、過炭酸ナトリウム液への“浸けおき”を試してみましょう。過炭酸ナトリウムは水に溶けるときに酸素が発生し、その力で雑菌を衣類から引きはがすことができます。最大の効果を発揮するのは60℃のとき。60℃のお湯6リットルに過炭酸ナトリウム小さじ1を入れ、15~20分間程度ニオイの気になるシャツなどを浸けこみましょう。ただし、衣類の洗濯表示に「40℃以下」など書かれている場合は60℃のお湯に浸けることはできないので注意が必要です。

まとめ

便秘と体臭の関係のまとめ

首まわり・脇の下・背中など身体の上半身には皮脂腺が多く存在し、この皮脂が繊維の奥深くまで入り込んでしまい、雑菌が繁殖することで衣服が体臭の発生源になることがわかりました。洗濯用石けんは浸透力が高く、繊維の中に染み込んだ皮脂汚れをしっかり落としてくれるので部分洗いにとても便利なアイテムです。しかし洗濯による臭い対策だけではなく、こまめに汗を拭いたりデオドランド用品を活用して衣服に臭いが移るのを防ぐなど、根本的な体臭対策も同時に行っていきましょう。

運営会社情報