HOME  >  からだタイムズ  >  女性の加齢臭対策!40代・50代女性のための臭いケア

女性の加齢臭対策!40代・50代女性のための臭いケア

女の加齢臭を撃退

加齢臭といえば男性のイメージですが、残念なことに女性も例外ではなくある程度の年齢になると加齢臭が発生することが分かっています。

この記事では女性特有の加齢臭の原因と対策方法をご紹介します。加齢臭にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

  • 代表取締役 横尾一浩
  • ●この記事を書いた人●

    グリーンハウス株式会社

    代表取締役 横尾一浩

    15年以上に亘り、医師や専門家の方々と意見を交わしながら「臭い」を研究し、数多くの臭い対策サプリをつくってきました。その経験の中で得た「体臭」や「加齢臭」に関する幅広い知識を、読者の皆さんのために余すことなくお伝えいたします。

  1. 目次

    1. 加齢臭は脂と青臭さが混ざった臭い
    2. 加齢臭は男性に限ったものではない
    3. 40歳を過ぎると女性の皮脂量は増える
    4. 一方で女性特有の「甘い香り」は30代に激減
    5. 加齢臭は皮脂量が多い場所で発生
    6. 女性の加齢臭対策で臭わない体質へ
    7. まとめ

加齢臭は脂と青臭さが混ざった臭い

加齢臭の臭いの特徴

加齢臭は「脂と青臭さの混ざった臭い」がするといわれています。古いロウソク、古本、ブルーチーズ、枯れ草、古い畳のような臭いで感覚としては「ツン」というよりも「モワっ」とした印象を受ける人が多いのが特徴です。いずれにせよ、人によって感じ方や解釈が違う複雑な臭いであるといえます。

加齢臭は男性に限ったものではない

加齢臭の臭いの特徴

一般的に男性のイメージが強い加齢臭ですが、実は40代を境に女性も加齢臭が発生しはじめるといわれています。加齢臭の原因は、皮脂の酸化によって発生する「ノネナール」という物質です。

女性の場合は女性ホルモンのおかげで男性よりも皮脂の分泌量が少なく、加齢臭が発生しづらい傾向にあります。しかし、加齢によりカラダが変化すると徐々に皮脂量が増加し、女性であっても加齢臭が発生するようになります。

40歳を過ぎると女性の皮脂量は増える

加齢臭の臭いの特徴

女性ホルモンは活性酸素を抑えて汗や皮脂を調整する役割を担っています。それが40代を迎えると加齢により女性ホルモンの働きが弱まるため、加齢臭のもとになる皮脂量が増加します。

しだいに女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位になるため、さらに皮脂量が増加し加齢臭が発生しやすくなるのです。

一方で女性特有の「甘い香り」は30代に激減

2017年ロート製薬は、若い女性のカラダから「ラクトン」と呼ばれるフルーツのような甘い香りが発生していることを発見しました。ラクトンは若々しい香りを発生させ、体臭を打ち消す効果がありますが、10代にピークを迎え20代後半までゆっくりと濃度が下がり、30代になると一気に減少することが分かっています。

加齢臭の臭いの特徴

加齢臭は皮脂量が多い場所で発生

加齢臭が発生する部位は「皮脂の分泌量が多い場所」です。具体的には頭・脇・耳まわり・首の後ろです。そのほか背中やお腹などからも発生します。全身の中で皮脂の分泌量がもっとも多いのは「頭」です。

加齢臭の臭いの特徴

加齢臭を漂わせないためには皮脂の分泌量が多い場所を重点的にケアする必要があります。

女性の加齢臭対策で臭わない体質へ

ここからは、具体的な加齢臭対策の中から40代以降の女性におすすめのものをいくつかご紹介します。

臭いを抑える食生活をおくる

加齢臭の臭いの特徴

皮脂は加齢臭の原因になるため脂質の多い食品を過剰に摂らないことが重要です。具体的には牛肉・豚肉・バター・チーズなどです。揚げ物も大量に油を含んでいるので加齢臭を悪化させる原因になります。

一方で、加齢臭を抑える効果があるのはビタミンEを豊富に含んだ食品です。ビタミンEが持つ抗酸化作用には皮脂の酸化が抑える効果があるため臭いの減少が期待できます。

ビタミンEを豊富に含む代表的な食品はゴマ・アーモンド・ピーナツ・かぼちゃ・アボカド・うなぎです。特にさまざまな料理に自由に加えられるゴマは手軽に摂ることができるのでおすすめです。

カラダを清潔に保つ

加齢臭の臭いの特徴

加齢臭は皮脂の分泌量が多い場所から発生します。頭は皮脂量が多いので特に入念に洗うようにしましょう。一方で見落としがちなのが背中です。背中は面積も広く皮脂量も多いので意識的に洗うようにしましょう。

シャンプー、ボディソープはどちらも殺菌成分を含んだ医薬部外品のものがおすすめです。具体的には「イソプロピルメチルフェノール」や「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されているものを選ぶとよいでしょう。

 また、寝ている間に人は大量の汗をかくので、朝お出かけ前にシャワーを浴びるのも効果的な加齢臭対策になります。

衣類に染みついた加齢臭を落とす

加齢臭の臭いの特徴

加齢臭は一度繊維に染み込んでしまう洗濯するだけではなかなか落とすことができません。まず、加齢臭が気になる衣類は放置せずなるべくその日中に洗うようにしましょう。

臭いが酷い場合は、40度以上のお湯に弱アルカリ性洗剤を混ぜたつけ置きがおすすめです。 加齢臭が気になるからといって柔軟剤を大量に入れると、加齢臭と柔軟剤の臭いがまざって悪臭化するので注意してください。

加齢臭対策用のサプリメントを利用する

加齢臭の臭いの特徴

どうしても外食の機会が多くなる方、食生活の改善が難しい方はサプリメントで補う方法もあります。

加齢臭対策として「シャンピニオンエキス」を含んだサプリメントがありますのでぜひ検討してみてください。

まとめ

ある研究では加齢に伴い皮脂の分泌量が減少する男性と比べて、高齢になっても皮脂量が減らない女性のほうが加齢臭の発生する期間が長いとの報告もあります。今回ご紹介した方法を参考にぜひ対策に取り組んでください。

▼その他の記事を読む

からだタイムズトップに戻る

運営会社情報