ポイントキャンペーン実施中
 レギュラー会員+5倍! 

HOME  >  からだタイムズ  >  口臭の原因は便秘かも? 口から出る「おなら臭」に要注意

口臭の原因は便秘かも? 口から出る「おなら臭」に要注意

便秘になると肌が荒れて吹出物ができたり、疲労感が取れずイライラしたりするなど、心身ともに様々なかたちで不調のサインがあらわれます。そういった便秘による不調のひとつに、実は「口臭」が含まれているとしたらショックですよね。この記事では、気になる便秘と口臭の関係を解説します。

  • 代表取締役 横尾一浩
  • ●この記事を書いた人●

    グリーンハウス株式会社

    代表取締役 横尾一浩

    医師や専門家の方々と口臭について意見を交わし、15年以上に亘り数多くの口臭対策サプリをつくってきました。その経験の中で得た口臭に関する幅広い知識を、読者の皆さんのために余すことなくお伝えいたします。

  1. 目次

    1. 便秘が口臭になるメカニズム
    2. 便秘に悩む人は女性のほうが多い
    3. 男性も加齢によって悩みが増加
    4. 便秘が原因の口臭対策
    5. その他にもある口臭の原因
    6. まとめ

便秘が口臭になるメカニズム

便秘が口臭になる理由

本当に便秘が口臭の原因になるのか、疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。結論からいうと、便秘は口臭の原因になることが分かっています。それは、便秘によって体内で大量発生した悪臭のガスが、腸から血液中にとり込まれ、肺から呼吸と一緒に外にでるためです。

直腸に便が残った状態で時間がたつと、体内で悪玉菌が増えてガスが発生します。このガスには窒素・水素・二酸化炭素・メタンのほか、臭いの原因になる硫化水素・メチルメルカプタン・インドールなどが含まれていてます。

硫化水素とメチルメルカプタンは、タマゴやタマネギが腐ったような臭いが特徴です。インドールはいわゆる糞便の臭気成分で、これが呼気に含まれると口から便のような臭いがします。

健康体でもガスは常に発生している

体内のガスは健康的な人にも発生していて、常時コップ1杯分(約200ml)程度が体内に存在しているとされています。通常、ガスの発生と排出のバランスは保たれていて、ゲップやおならとして外にでていくのですが、便秘になるとこのバランスが崩れ、排出できなくなったガスが血流と一緒に肺に届いて口から出ることで口臭になります。このとき毛細血管を通して汗として排出されると体臭になります。

便秘に悩む人は女性のほうが多い

女性ホルモンが便秘に関係している

「何日以上でないと便秘」といった統一された明確な定義はありませんが、日本内科学会によると便秘とは「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」とされています。

厚生労働省の「平成28年度国民生活基礎調査」では便秘に悩む女性は全体の4.6%、男性は2.5%となっており、女性のほうが男性よりも便秘に悩んでいることが分かっています。女性に便秘が多い理由は下記のようなものが考えられます。

・女性ホルモンの影響

女性ホルモンであるプロゲステロンには腸のぜんどう運動を抑制する働きがあります。また、体内に水分をため込む作用もあるため、便に含まれる水分が不足して便秘の原因になります。生理前や生理中、妊娠中の妊婦の方が便秘になりやすいのはこのためです。

・筋力不足

腹筋や横隔膜は便を押し出すために必要な筋肉です。女性は男性に比べて筋力が弱いため、便の状態が悪くなると排出する力が不足して便秘になります。

・無理なダイエット

食事量を減らすダイエットは、便をつくり出す食物繊維が不足するとともに、便のすべりをよくする脂質も不足するため便秘の原因になります。

男性も加齢によって悩みが増加

男性や子供も便秘になる

女性に多い便秘ですが、60代以降になると徐々に男性の便秘も増え始め、70代になると男女差はほぼなくなります。これは加齢により腸の動きが衰え、筋力が低下すためです。また、子供の便秘も一定数存在します。学校のトイレが不慣れな和式になっていることや、排便することを恥ずかしいと感じ便意を我慢することなどが主な原因になっています。

便秘が原因の口臭対策

便秘による口臭を消す方法

先ほども紹介した通り、便秘による口臭は、便から発生した悪臭ガスが体内に吸収されることで発生します。そのため、口臭を解消するためには、便秘を解消することが不可欠です。ここでは便秘を解消する方法を5つ紹介します。

食生活の改善

適度な量の食事をバランスよくとりましょう。食事量が少ないと便の量が減るだけではなく腸の働きも弱くなります。特に朝食と便秘の関係は深いと考えられています。

帝塚山学院大学の研究によると、便秘ではない人のうち朝食をとらない人の割合は約20%でしたが、便秘の人は約30~50%も朝食をとっていないことがわかりました

ダイエットは便秘の大敵ではありますが、どうしても体重をコントロールしたい場合は、できるだけ栄養バランスを考慮し、朝食をメインに食べるのがおすすめです。

水分をとる

水分補給は便秘改善に必要不可欠です。ただ、水分だけを過剰にとってもほとんどが大腸に吸収されてしまうので、必ず食物繊維とセットでとるようにしましょう。

運動の習慣化

軽いジョギングやウォーキングなどの運動は腸を刺激して働きを高めてくれるといわれています。また、運動には自律神経のバランスを整えるリラックス効果もあります。腸の動きはリラックス時に高まるので、運動を習慣化するよう心がけましょう。

ウォーキングなら1日30分程度。軽く息があがる程度のスピードで歩くのが目安です。

便意をがまんしない

便意を日常的にがまんしていると、徐々に体が便意になれてしまい、便意が起こりにくくなります。さらに、溜まった便は水分が腸に吸収されてどんどん硬くなってしまいます。便意を感じたらなるだけトイレに行くように心がけてください。

便秘薬を飲む

それでもやっぱり出ない。どうしても出したい。そんなときは市販の便秘薬を検討するのも手段のひとつです。

便秘薬は大きく分けて「刺激性下剤」と「緩下剤」の2つに分類されます。「刺激性下剤」は腸の動きを活発にする作用があり非常に強力ですが、依存性があり毎日使うと効果が低下するといわれています。「緩下剤」は便を柔らかくする作用があるもので、比較的自然な排便を促します。

どちらも使い方を間違えると便秘を悪化させる可能性もあるので、必ず医師薬剤師の指導を受けるようにしましょう。

サプリメントを活用する

便秘薬を使うことに抵抗がある場合は、手軽に使えるサプリメントもおすすめです。サプリメントはビフィズス菌が含まれているものが多く、継続してとることで、腸内環境を改善し便通をサポートする効果が期待できます。

その他にもある口臭の原因

歯周病が口臭の原因に

便秘が解消されたのに口臭がなくなった気がしない…。そんな時は別の場所に口臭の原因があるのかもしれません。

口臭の原因として最も多くを占めるのは「歯周病」です。歯周病とは歯周病菌により歯肉が炎症をおこし、やがては歯を支える骨が溶ける病気です。歯周病菌は空気を嫌う性質があり、歯と歯茎の隙間のような場所に生息し、メチルメルカプタンや硫化水素といった悪臭のガスを発生させます。

歯周病になると歯科医院での治療が必要なので、お近くの歯科医院にご相談ください。口臭外来を設けている病院であれば、専用の測定器などを用いて詳細な診断をしてもらえます。

まとめ

口臭だけではなく寿命にも関係している

近年の研究で、便秘は口臭や体臭の原因になり生活の質を下げるだけでなく、寿命にも深く関係していることが明らかになってきました。

2~3日の便秘がつづいた程度ですぐに口臭になるわけではありませんが、便秘が慢性化している、生理前など決まったタイミングで必ず便秘になるという方は早めに病院に相談をしましょう。



【この記事を読んだ方はこちらもご覧になっています】
口臭は胃腸の危険信号?内臓からくる臭いの原因と対処法
口臭サプリの正しい選び方と注意点。自分にあったサプリを選ぼう
ニオイの元を直接キャッチ!強力Wパワーで腸内を整える!
まるで飲む香水!最高級ダマスクローズを贅沢に配合
口臭は種類によってにおいが違う?種類別の原因を解説

▼この記事をシェアする▼

運営会社情報