HOME  >  からだタイムズ  >  【歯科医執筆】正しいうがいで臭いスッキリ!うがいを使った口臭対策。

【歯科医執筆】正しいうがいで臭いスッキリ!うがいを使った口臭対策。

近年は、ドラッグストアなどにも口臭専用の歯磨き剤やサプリメントといった商品が数多く並んでいます。とはいえ、口臭が気になったときに、より手軽に行える対策のひとつが「うがい」です。

うがいは口臭を根本から治すものではありませんが、気になる臭いを一時的に和らげるのには有効な手段となります。では、その具体的な方法や効果について、以下で詳しく紹介します。

  1. 目次

    1. 口臭の原因
    2. 口臭に効く正しいうがいの方法
    3. 効果的なうがいのタイミング
    4. おすすめうがい① ポビドンヨードうがい薬
    5. おすすめうがい② 重曹
    6. おすすめうがい③ マウスウォッシュ
    7. おすすめうがい④ 緑茶
    8. まとめ

口臭の原因

細菌からガスが出る

口臭の多くは口の中で発生しており、口内に住みついた細菌が作り出す「ガス」がその臭いの原因になっています。

口内には、毎日きちんと歯を磨いている人でも1,000~2,000億個もの細菌が生息するといわれていますから、臭いの程度に差はあれ、口臭は誰の口にも存在しているわけです。このように生きている人であれば誰しもがもつ口臭を「生理的口臭」といいます。

生理的口臭は口が“常に臭う”というものではなく、口臭が強くなるタイミングをおさえておけば、臭いをコントロールすることが可能です。そのうえで「うがい」は臭いを抑える効果的な手段のひとつといえます。

病的な原因で強くなる口臭も

一方で、口臭には病気など体の問題が引き金となって発生する口臭も存在します。このような口臭は「病的口臭」と呼ばれ、1日を通して口が臭うのが特徴です。周囲の人にまで感じるような強い口臭の多くは、病的口臭である可能性が高いといえます。

その病的口臭のおよそ9割は口由来といわれ、なかでも歯周病は「卵が腐った臭い」「生ゴミの臭い」と表現されるほど強烈な口臭を発生させます。口の病気以外では、呼吸器系、消化器系の病気なども病的口臭の一因になります。

病的口臭はその原因となる根本の病気を治さないと、口臭も改善されません。ただ、病気の治療と並行しながら、日常生活の中で「うがい」をうまく活用すれば、いやな臭いも多少は抑えられるでしょう。

口臭に効く正しいうがいの方法

うがいの正しい方法

うがいには、喉元でおこなう「ガラガラうがい」と、口内で行う「ブクブクうがい」の2つがありますが、口臭対策でメインになるのは後者の「ブクブクうがい」です。その目的は、口臭の発生元である細菌や、細菌のエサになる食べカスなどを洗い流すことになりますので、これらを頭の中にしっかりイメージしておきましょう。

ブクブクうがいのポイント

ポイントとしては、口の中に含む水の量を少なめにして、口内に強い水流を作り出すこと。1回のうがいで口に含む水の量は20~30ml程度、口のスペースに対して半分ほどの量を目安にします。

水を含んだら、上下の歯を噛み合わせた状態で頬や唇を動かし、水流ですき間の汚れをかき出すようにうがいをします。加えて前歯と唇、奥歯と頬の間のスペースにも水を流し込み、汚れを落としましょう。

さらに舌の表面を洗うことも、口臭対策のうがいでは重要なポイントです。生理的口臭を発生させる細菌は舌の表面に多く生息しているため、うがいの際は舌を上あごにこすりつけるようにして細菌や汚れを落としていきます。

以上の動作を4~5回(1回につき10~15秒)のうがいに分けて行い、口内の汚れや細菌をしっかり洗い流していきましょう。

効果的なうがいのタイミング

うがいを行うタイミング

口臭は1日を通して臭いの強弱にリズムがありますが、それには唾液の分泌量が関係しています。“天然のクリーニング剤”ともいわれる唾液には、お口の中の食べカスや細菌を洗い流し、口内を清潔に保つ働きがあります。

唾液には自然治癒力があり、分泌されることで口内の細菌を抑制し、口臭を抑えることができます。唾液が減ると、「嫌気性菌」が増え、この菌が硫化水素やメチルメルカプタンを産出することで口臭の原因になります。

これらのことから、口臭は唾液の量が少なくなるときに強くなりやすく、うがいはこのタイミングで行うとより効果的となります。具体的なタイミングは「起床時」や「空腹時」、さらに疲労がたまりやすい「夕方以降」。その時間以外にも、口にネバつきや乾きを感じたら、うがいを積極的に行いましょう。

おすすめうがい① ポビドンヨードうがい薬

うがい薬

ポビドンヨードうがい薬は殺菌効果が高く、歯科治療臭いても抜歯、インプラントといった外科治療後の感染予防や、口内炎の治療などで用いられます。したがって口臭対策にも一定の効果は見込めますが、使用に際してはいくつかの注意点があります。

まず市販のポビドンヨードうがい薬は、その多くで添加剤としてアルコール(エタノール)が含まれています。アルコールは刺激が強く、口内を乾燥させやすいため、“常用”のうがい薬として長く使用するのはあまりおすすめできません。またポピドンヨードにアレルギーのある方や、甲状腺疾患のある方は使用できないため注意しましょう。

おすすめうがい② 重曹

重曹水

水に溶かすとアルカリ性になる「重曹水」は、細菌が作り出す酸や酸化物の臭いを中和させ、虫歯予防や口臭予防に良いと定評があります。一方で、その効果についてはいまだ科学的なデータが示されておらず、歯科医の中でも賛否がわかれるのが実状です。

ただ、使用法を正しく守れば特に害がない点や、自身で手軽に“うがい薬”が作れる点などをふまえると、効果を期待して試してみるというのもひとつの方法でしょう。

注意点としては、重曹は必ず「食用」のものを使用することと、そのままではなく水に溶かしてから使用することです。目安としては500mlの水に小さじ1杯の重曹をよく混ぜて使います。濃い重曹水は、歯ぐきや粘膜を傷める恐れがあるため注意してください。

おすすめうがい③ マウスウォッシュ

マウスウォッシュ

近年販売されているマウスウォッシュには殺菌成分や臭い成分を分解する成分が配合されているものも多く、口臭対策のうがいにおすすめです。このようなマウスウォッシュは、口臭のほかに虫歯・歯周病の予防臭いてもその効果が期待できます。

注意点としては、マウスウォッシュには「洗口剤」と「液体歯磨き」の2種類があるため、“うがい”に使用する際は「洗口液」と明記されたものを選ぶことです。またアルコール配合のマウスウォッシュは刺激が強く、口内も乾燥しやすくなるため、口臭対策では「ノンアルコール」のものを選ぶようにしましょう。

おすすめうがい④ 緑茶

緑茶

日本人になじみの深い緑茶は、昔から「風邪やインフルエンザの予防に良い」とされています。これは緑茶に含まれる「茶カテキン」の効果によるもので、実際に茶カテキンには一定の殺菌効果があることがすでに認められています。さらに茶カテキンには消臭効果もあり、近年はこれを応用した消臭剤なども多く販売されています。

以上のことから、口臭対策における“緑茶うがい”も、これらの効果が期待できるでしょう。

ただ、緑茶を“飲む”ことに関しては、口臭予防臭いては逆効果になる可能性もあるため、注意が必要です。緑茶などに含まれるカフェインは唾液の分泌を抑えるほか、利尿作用も重なり、口内の乾燥を招きやすくなります。したがって口臭対策として緑茶を用いる場合は、「うがい」のみに使用するほうが得策でしょう。

まとめ

専門家による治療

うがいは生理的口臭の予防や、仕事中や外出先で口臭が気になるときに臭いを抑えることには有効ですが、口臭を根本的に改善するものではありません。また病的口臭うち、口内の病気以外に原因のあるものについては、うがいによる口臭の緩和は見込めないため注意しましょう。

口臭の改善においては、その直接的な原因を探り、必要に応じて専門家による治療やクリーニングを受けることが重要です。したがって口臭が気になる場合は早めに歯科医院を受診し、自身にとって適切な口臭ケアについてアドバイスを求めましょう。

また、日常生活では朝晩の歯磨きを徹底し、歯間ブラシやデンタルフロスなどによる歯間清掃も忘れずに行うよう心がけてください。

運営会社情報