HOME  >  からだタイムズ  >  ストレス臭はどんな臭いの体臭?具体的にストレス臭の対策を教えます

ストレス臭はどんな臭いの体臭?具体的にストレス臭の対策を教えます

普段の生活で知らず知らずのうちにたまっている「ストレス」。実は、緊張やストレスでも体臭が発生することをご存知ですか?

嗅覚というのは五感の中でも特に順応しやすいといわれています。これは、日常的なニオイに対する反応を鈍くすることで危険なニオイをいち早く察知するためです。つまり、どれだけ体臭が強くても毎日嗅いでいるとそのニオイに慣れてしまうため、自分の体臭が自覚しづらくなってしまいます。あなたも日頃の緊張やストレスによって、自分で分からないうちにストレス臭を発生させているかも。

そんなストレス臭でお困りの方のために、この体臭記事ではストレス臭の対策を詳しく解説します。最後には、質問形式で内容を分かりやすくまとめておりますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

  • 代表取締役 横尾一浩
  • ●この記事を書いた人●

    グリーンハウス株式会社

    代表取締役 横尾一浩

    15年以上に亘り、医師や専門家の方々と意見を交わしながら「臭い」を研究し、数多くの臭い対策サプリをつくってきました。その経験の中で得た「体臭」や「加齢臭」に関する幅広い知識を、読者の皆さんのために余すことなくお伝えいたします。

  1. 目次

    1. 体臭とストレス臭
    2. ストレス臭の対策は体の中から
    3. ストレス臭を発生しにくくする食べ物
    4. 運動によるストレス臭対策
    5. ストレス臭と睡眠
    6. 健康的に体臭を減らす方法とは<お薦め>
    7. まとめ

体臭とストレス臭

体臭の種類

体臭と一口にいっても、その種類はさまざまです。汗臭・皮脂臭のような体全体より発せられるニオイや、ワキ臭・頭皮臭・足臭のような体の各部位からのニオイ、さらに喫煙や食生活等の生活習慣によるニオイに分類できます。

また女性なら月経が起きているときに体臭が発生しやすくなります。さらに年代に伴うニオイ変化の一つとして皮脂の酸化分解により発生する中高年層に特徴的な体臭があり、一般的には加齢臭と呼ばれています。

1.体の全身から発生する体臭:汗臭・皮脂臭

体の全身からはどんな臭いが発せられるのでしょうか。汗は「エクリン腺」と「アポクリン腺」の二つの汗腺から出ています。

エクリン腺は全身に分布しています。体温調節のために出る汗は99%が水分でサラッとしており、出た直後は全くニオイはありませんが、菌などの影響で時間が経つと臭いやすくなります。

一方、アポクリン腺は脇の下や乳輪、外陰部など限られた部分にのみあり、ここから分泌される汗にはタンパク質や脂質などの栄養成分が豊富で常在菌が繁殖しやすく、独特のニオイとなります。

2つの汗腺以外に、皮膚を柔らかく湿潤に保つ働きをする皮脂腺があります。皮脂は皮膚を弱酸性に保って最近の繁殖を防いでいますが、時間が経つと常在菌に分解されてニオイの元になります。

2.体の各部位から発生する体臭:ワキ臭・頭皮臭・足臭

ワキ臭は主にアポクリン腺という汗腺から出る汗にあります。特にワキは蒸れやすい部位のため皮膚表面に存在している常在菌の働きにより独特の「臭い汗」になってしまいます。

頭皮臭は主に頭皮の皮脂量によって大きく左右されます。皮脂やフケを餌にして雑菌が繁殖し、ニオイを発生させます。

足臭は主に雑菌が原因です。特に、通気性の悪い靴や靴下を履きっぱなしにすると汗が溜まりやすく雑菌が繁殖しやすくなります。

3. ストレス臭はどんな臭い?

ストレス臭は、緊張状態による心理ストレスで肌からニオイが漏れ出る皮膚ガス由来の体臭のことです。ストレス臭は硫黄化合物系のニオイで、ニオイの強弱には個人差があり、焦げ臭かったり、ポップコーンの匂いに近かったりなど嫌な感じがする体臭といわれています。

私たちはライフスタイルの変化やSNSなどによるめまぐるしい情報の波に翻弄されて、新たなストレスを抱えることになりました。それは、対人関係や仕事のストレスのように自覚できるものもあれば、知らずしらずのうちに心や体を蝕んでいくストレスもあります。それが現代型の「隠れストレス」でストレス臭の原因になっていると考えられます。

隠れストレスは、食事・運動・睡眠の乱れが引き起こす現代型ストレスのことを指します。飽食の時代といわれる現代では、エネルギー過剰摂取と栄養不足という2つの食生活上の問題が起こっています。さらに現代人は運動不足の傾向があり、慢性的な睡眠不足に悩んでいる方が多くなっています。

仕事へのプレッシャーや将来への不安、対人関係の悩みなど精神的なストレスに加えて、このように日常的にくり返される不健康な生活習慣があるとそれが「隠れストレス」となり、ストレス臭を発生させる原因となってしまいます。

資生堂は、この皮膚表面から放出される気体(皮膚ガス)に着目し、緊張による心理的ストレスが加わることで特徴的なニオイ「ストレス臭」が皮膚ガスとして放出される現象を2018年に発見しました。

採取したニオイの成分を特殊な分析機器で調べた結果、ジメチルトリスルフィドとアリルメルカプタンという2つが「ストレス臭」の主要成分であることを見出しました。資生堂はこれらを「STチオジメタン」と命名し、緊張・ストレスという心の状態も、ニオイに影響を与えることを科学的に証明しています。

ストレス臭の対策は体の中から

自分でわからないうちに臭いを発生させる可能性のあるストレス臭は、汗臭・ワキ臭と同じようにニオイ対策が習慣化されるようになるでしょう。

周囲に不快感を与えないためには、ストレス臭の対策を定期的に行う必要があります。しかし、スプレーなどを使っても効果は一時的なので、ストレスによる体臭の対策は、体の中から改善していくことが大事です。

そこで、食生活・運動・睡眠の改善できる部分から見直し、並行してサプリメントで足りない部分を補っていくという方法がベストです。自律神経を整えながら、体の中から体臭を抑える体づくりが可能になります。

ストレス臭を発生しにくくする食べ物

ストレスが体臭の原因

1.腸内環境とストレスの関係性

私たちの腸内には善玉菌や悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が約1,000種類、100兆個以上生息しており、腸内で一定のバランスをとっています。このような生態系は腸内細菌叢と呼ばれ、ストレスによって変化するといわれています。

ヒトでの研究においては、乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌を30日間投与された人は、プラセボ(偽薬)を投与された人と比較して、ストレス症状が有意に減少したという報告があります。

食事で腸内環境を整えるポイントは2つ。乳酸菌やビフィズス菌など腸内の働きを良くする善玉菌と、善玉菌を育てるオリゴ糖や食物繊維を一緒に食べることです。必要に応じて乳酸菌やビフィズス菌を含むサプリメントを摂取することも大事です。

2.魚の油、EPAとDHAのストレスへの効果

n-3系多価不飽和脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は血液をサラサラにしてくれるほか、脳の発達や機能にもかかわる大事な栄養素です。さらに脳を元気に働かせるBDNF(脳由来神経栄養因子)を増やし活性化させることでも知られています。

特にイワシ、サバ、アジ、マグロなどの青魚はDHAやEPAが豊富に含まれているので、積極的に摂り入れてストレスに対抗しましょう。

3.気持ちが落ちているときは肉を食べよう!

セロトニンやドーパミンなど記憶・気分・情動などに大きく関係する神経伝達物質の原料となるのが、アミノ酸系の栄養素です。鶏肉や牛肉、豚肉などに含まれるトリプトファンはセロトニンの材料となるアミノ酸です。やる気と元気のもとになるドーパミンや情動を担うノルアドレナリンの材料になるのはフェニルアラニンやチロシンで、肉や魚、豆などのタンパク質に含まれます。

動物性たんぱく質である肉はアミノ酸の供給源ですが、食べる量が多くなると加齢臭や皮脂臭などの体臭を引き起こしますので、適度に摂取しましょう。

4.緑茶のリラックス効果

玉露や抹茶など高級緑茶に多く含まれる「テアニン」という成分は、ヒトを対象とした研究でストレスに対する自律神経の反応を抑えるなどのリラックス効果が確認されています。

市販のペットボトルのお茶よりも、急須で入れた玉露や上質の煎茶をぬるめのお湯(50~60℃)でゆっくり成分を抽出して飲むことがポイントです。ビタミンやミネラルも摂取できますので、食後に積極的に飲みましょう。

運動によるストレス臭対策

運動には、ネガティブな気分を発散させたり、こころと体をリラックスさせ、睡眠リズムを整える作用があります。ストレス対策に効果的なのは、体の中に空気をたくさん取り入れながら行う有酸素運動です。軽いランニングやサイクリング、ダンスなどがそれにあたります。

運動が苦手な人や忙しい人は、まずはウォーキング「5分間週3回以上」を目標にしましょう。そうして翌週は10分、翌々週は15分と少しずつ増やしていき、最終的に「1日20分間週4日以上」を目標にしましょう。体がぽかぽかして汗ばむくらいが丁度いい運動量になります。

ストレス臭と睡眠

ストレス対策の基本は睡眠にあります。良質な睡眠がとれれば、脳は昼間受けたストレスの刺激から回復することができます。しかし睡眠不足が続くと、日中のパフォーマンスの低下でストレスが増加してしまいます。

まずは朝に15分間の日光浴をしましょう。朝日を浴びて約16時間後に睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されて、自然と眠気が出てきます。

また前述した軽い運動はストレス解消だけではなく睡眠の質をよくすると言われています。運動習慣ができると睡眠の質がよくなり、途中で目覚める「中途覚醒」も減ります。定期的に運動し、安定した深い眠りを実現しましょう。

まとめ

まとめ

今回はストレスにより発生する体臭『ストレス臭』の対策を解説しました。ストレス臭は食事・運動・睡眠という基本的な生活習慣の改善が重要です。

  • 1.どのような食事がいいですか?

    腸内環境を整える食品を摂り入れることが一番大事です。乳酸菌やビフィズス菌を含むサプリメントも積極的に利用していきましょう。

  • 2.運動はどれくらい行えばいいですか?

    まずは「5分間週3回以上」を目標にウォーキングから始めてみましょう。

  • 3.よく眠れるようにするためにはどうすればいいですか?

    朝に15分間の日光浴と軽い運動を心がけましょう。

すべてを完璧に行うことは難しいかもしれませんが、サプリメントを上手く利用しながらストレス臭による体臭を回避していきましょう。ただ、ご紹介したストレス臭対策でニオイが改善しないときは、思わぬ病気が隠れている場合もあります。心配な場合は最寄りの内科を受診しましょう。

▼その他の記事を読む

からだタイムズトップに戻る

運営会社情報