HOME  >  からだタイムズ  >  男の加齢臭対策!おじさん臭いなんてもう言わせない

男の加齢臭対策!おじさん臭いなんてもう言わせない

男の加齢臭を撃退

40代から徐々に気になってくるのが加齢臭。歳を重ねれば誰にでも起こる体臭の変化ではあるものの、強烈な加齢臭がする人もいれば、一方でほとんど臭わない人もいます。

この記事では男性特有の加齢臭の原因と、できるだけ加齢臭を発生させないための対策方法をご紹介します。これから加齢臭対策をしたい方、パートナーの加齢臭が気になる方はぜひ参考にしてください。

  • 代表取締役 横尾一浩
  • ●この記事を書いた人●

    グリーンハウス株式会社

    代表取締役 横尾一浩

    15年以上に亘り、医師や専門家の方々と意見を交わしながら「臭い」を研究し、数多くの臭い対策サプリをつくってきました。その経験の中で得た「体臭」や「加齢臭」に関する幅広い知識を、読者の皆さんのために余すことなくお伝えいたします。

  1. 目次

    1. 加齢臭ってどんな臭い?
    2. 加齢臭はどこから臭う?
    3. 加齢臭は40歳から臭いはじめて50代以降本格的に
    4. 30代はミドル脂臭の可能性も
    5. 男の加齢臭の原因
    6. 男の加齢臭対策
    7. まとめ

加齢臭ってどんな臭い?

加齢臭の臭いの特徴

加齢臭は一般的に「脂と青臭さの混ざった臭い」がするといわれています。

古いロウソク、古本、ブルーチーズ、枯れ草、古い畳のような臭いで感覚としては「ツン」とした臭いというよりも「モワっ」とした印象を受ける人が多いのが特徴です。

いずれにせよ、人によって感じ方や解釈が違う複雑な臭いであるといえます。

加齢臭はどこから臭う?

加齢臭が臭う部位は「皮脂の分泌量が多い場所」です。具体的には頭、脇、耳まわり、首の後ろはもちろんのこと、背中やお腹などからも発生します。

加齢臭が発生する場所

皮脂の分泌量がもっとも多いのは「頭」です。私たちの枕がいつの間にかおじさん臭くなるのは、就寝中に頭から出た大量の皮脂が枕にダイレクトに付着するためです。

加齢臭は40歳から臭いはじめて50代以降本格的に

加齢臭が出てくる年代

大手生活用品メーカーライオンの調べでは、加齢臭は40歳を過ぎたころから徐々に発生し、50代から本格化し、60代でピークを迎えることが分かっています。

これは男性ホルモンの影響で加齢とともに皮脂の分泌量が増え、60代まで持続することが原因のひとつにあげられます。

30代はミドル脂臭の可能性も

基本的に40代から発生する加齢臭ですが、なかには30代で気になるという人もいます。加齢臭と混同しやすいのが「ミドル脂臭」です。ミドル脂臭は、汗臭、加齢臭に次ぐ「第3の臭い」と呼ばれていて、使い古した油のような臭いがする男性特有の体臭です。

まだ30代前半なら加齢臭よりもミドル脂臭を疑ったほうがよいかもしれません。

男の加齢臭の原因

加齢臭の元になるのは「ノネナール」という物質です。1999年に化粧品メーカーの資生堂が発見し命名しました。

ノネナールは皮脂に含まれる「パルミトレイン酸」と「過酸化脂質」が酸化して発生します。40歳を過ぎるとパルミトレイン酸と過酸化脂質が増加するため、ノネナールが増えてしまい加齢臭が発生しやすくなるのです。

男の加齢臭の原因

女性に比べて男性のほうが加齢臭が出やすい理由には、身体の構造の違いが関係しています。

1.男性の皮脂量は女性の約1.5倍

男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多く、その差は約1.4倍にもなります。また、女性の場合は成人をピークに加齢にともなって皮脂量が減っていくのに対して、男性は60代まで皮脂量はほとんど減りません。

加齢臭のもとであるノネナールは皮脂量が深く関係しているため男性のほうが加齢臭が発生しやくなります。

頭部皮脂量の男女差

2.発汗量も男性のほうが多い

男性は女性に比べて低い温度で汗をかきはじめることが分かっています。また、気温が高くなればなるほど男女の発汗量の差はますます大きくなる傾向にあります。汗そのものは臭いがほとんどないものの、汗によって湿った肌が加齢臭を発生させる原因になります。

男の加齢臭対策

加齢臭の対策方法

男性の加齢臭対策として有効な方法をいくつかご紹介します。

1.身体を清潔に保つ

加齢臭は皮脂が酸化して発生するので、皮脂や汗をこまめにケアして清潔に保つことが対策のコツです。最近では体臭ケアに対応した汗拭きシートや制汗剤、薬用石鹸があるので上手に活用しましょう。

  • ・日中汗をこまめにふく
  • ・シャワーで済まさず湯船につかる
  • ・丁寧に身体を洗う
  • ・殺菌効果のある薬用石鹸をつかう 
  • ・出勤前にシャワーを浴びる

2.衣服の洗濯を見直す

加齢臭の成分は衣服に蓄積します。1日着用した衣服は脱いですぐに洗濯するか浸け置きをしましょう。放置してしまうと加齢臭がどんどん繊維に沁み込んでいくので、脱いだらすぐに対処することが大切です。

3.食生活を見直す

動物性脂質の摂りすぎは皮脂の分泌量が多くなり加齢臭の原因になります。肉類や揚げ物は最低限にしてバランスの良い食生活をこころがけましょう。

また、ノネナールを生み出す原因となる過酸化脂質は活性酸素の増加によって増えるため抗酸化作用のある食品(ゴマ・豆乳・りんご・ブルーベリー・アーモンド・海藻類など)を積極的にとりましょう。

4.有酸素運動をする

有酸素運動を行うと血行が良くなり、サラサラとした臭いが出にくい汗をかけるようになります。ウォーキングやジョギングなど、自分に合った有酸素運動を習慣化しましょう。

まとめ

ここまで男の加齢臭の原因と対策を説明してきました。ただ対策方法が分かっていても、それを継続に取り組むのはなかなか難しいのが実状ではないでしょうか。特に食生活の改善と運動はハードルが高いと思います。

そこで体臭に効果のあるサプリメントの活用もぜひ検討してみてください。サプリメントであれば1日に数粒飲むだけで簡単に加齢臭対策を習慣化することができます。

▼その他の記事を読む

からだタイムズトップに戻る

運営会社情報