HOME  >  からだタイムズ  >  口臭対策のおすすめは?正しい原因とケアで脱口臭!

口臭対策のおすすめは?正しい原因とケアで脱口臭!

本当に自分に適した口臭対策をご存知ですか?

口臭にお悩みで対策をされている方は大勢いますが、あなたもその一人ではないでしょうか。しかし、口臭対策とひと口に言っても、実は口臭の原因は人それぞれで、原因に合わせた対策が必須です。

そこで、この記事では、口臭の悩みと長年向き合ってきた私が、口臭の原因とおすすめ対策方法をご紹介。初心者の方でも1日でも早く口臭のお悩みを解消できるよう解説いたします。

口臭の悩みはあるけれど原因が何か分からない。どんな対策をすればいいのか分からない。といったお悩みにお応えします。それでは早速、口臭の原因や特徴、どのような種類があるのかみていきましょう。

  • 代表取締役 横尾一浩
  • ●この記事を書いた人●

    グリーンハウス株式会社

    代表取締役 横尾一浩

    医師や専門家の方々と口臭について意見を交わし、15年以上に亘り数多くの口臭対策商品をつくってきました。その経験の中で得た口臭に関する幅広い知識を、読者の皆さんのために余すことなくお伝えいたします。

  1. 目次

    1. 口臭の原因
    2. 口臭をチェックする方法
    3. 口臭の種類
    4. おすすめ口臭対策
    5. 口臭対策にサプリメントもおすすめ

口臭の原因

口臭の原因9選

ほとんどのケースの口臭は、剥がれ落ちた粘膜や食べカスなどに含まれるタンパク質を、口内の細菌が分解・発酵する過程で生まれる「揮発性ガス」です。

ある程度の口臭は誰にでもありますが、程度としては弱く、歯磨きや食事をすることでなくなります。一方で、持続的に周りの人を不快にさせてしまうような強い口臭もあり、その原因は下記のようなものが考えられます。

歯周病

口臭の原因として最も多いといわれているのが歯周病です。歯周ポケットに潜む歯周病菌が硫化水素やメチルメルカプタンというガスを産出して口臭になります。さらに歯周病が進行すると炎症部分からにじみ出る膿とガスが混ざり合い、より強い悪臭を発生させます。

虫歯

虫歯が進行すると歯には少しずつ穴が空きはじめます。その穴に食べカスがたまると歯ブラシで取り除くことが難しくなり、食べカスが腐敗して臭いを発生させます。さらに虫歯が進行すると、神経や血管が腐敗して最終的には歯の根っこの先に膿がたまり、より強い臭いに変わります。

舌苔(ぜったい)

舌苔とは舌の表面に付着したコケ状の汚れです。その正体は、舌乳頭(ぜつにゅうとう)という細かな突起の中に潜むたくさんの細菌です。その細菌が口の中のタンパク質を分解・発酵する過程で悪臭のガスを発生させます。

ドライマウス

唾液の分泌量は1日1~1.5リットルになるといわれていて、口の中を清潔に保つ役割を担っています。ドライマウスになると、口の中の食べカスなどを洗い流すことが難しくなるため、細菌の繁殖が起きやすくなり口臭につながります。

入歯や差し歯

差し歯や入れ歯などの人工歯と歯の隙間は食べカスや汚れが溜まりやすく口臭の発生源になります。さらに、汚れが溜まった状態がつづくと、やがて歯周病になり強烈な臭いを出すようになります。

膿栓(のうせん)

膿栓とは喉の奥にある「扁桃」に溜まる乳白色の塊で、扁桃が退治した細菌の死骸や口の中の汚れが固まったものです。糞便臭のスカトールが含まれていて潰すと強烈な悪臭を出すことから臭い玉(においだま)とも呼ばれます。

副鼻腔炎

副鼻腔炎とは蓄膿症とも呼ばれ鼻の奥に膿が溜まる病気です。蓄積した膿から発生される悪臭が鼻を通って口から外にでることで口臭になるほか、蓄膿症により鼻がつまり、口呼吸が増えることで口臭が発生します。

食事制限によるダイエット

食事制限により摂取するエネルギーが不足すると身体は糖に代わるエネルギーとして脂肪を燃焼させます。その際に副産物としてできるのがケトン体です。ケトン体は甘酸っぱい独特の臭いがあり、血液に溶け込み血流を通して肺から外にでることで口臭になります。

胃腸のトラブル

何らかの原因で胃腸がトラブルを起こすと、食べた物が長時間体内に留まることになります。やがて食べ物が体内で発酵し、そこから発生した悪臭のガスが血流に乗って体内を巡り、肺から呼吸と一緒に外にでることで口臭になります。

口臭をチェックする方法

口臭をチェックする

皆さんも同じニオイを長時間嗅いでいるとやがてニオイがしなくなった経験があるのではないでしょうか。私たちの鼻には同じニオイを嗅ぎつづけると慣れてしまいニオイを感じなくなる「順応反応」と呼ばれる機能が備わっています。

口と鼻は繋がっているため、自分で自分の口臭を確認するのは非常に難しいといえます。とはいえ、「もしかして口臭がしているかも?」と気になってしまいますよね。ここでは、口臭を確認する方法をいくつかご紹介します。

身近なものを利用する

身近なものを使って口臭をチェックする方法は様々ありますが最も正確なのはビニール袋を使った方法です。口がしっかりと締まるビニール袋に息を目いっぱい入れて、5秒ほど待ってから嗅いでみましょう。

口臭チェッカーを使う

息を吹きかけることで口臭を測定してくれる口臭チェッカーが安価で市販されています。最新の機器は正確性がアップし、持ち運びにも便利なコンパクトタイプが主流なので、外出先でも気になるときに使えます。

口臭外来を受診する

最近では口臭外来を設けている歯科医院が増えています。口臭外来では直接歯科医師が臭いを嗅ぐ「官能試験」や、医療用の測定機器で口の中の臭い物質を測定する「オーラルクロマ」など、より高い精度で口臭の原因を知ることができます。

口臭の種類

口臭の種類は大きく分けて5つに分類することができます。

口臭の種類

1.生理的口臭

生理的口臭は人であれば誰でも発生する口臭です。唾液の分泌量が減り、細菌が増殖する「起床直後」「空腹時」「緊張時」に発生しやすくなります。歯磨きや食事、水分補給などですぐに解消されるので、治療に取り組む必要はありません。ニオイの程度は弱く、身体のコンディションに左右されるので、心配のしすぎには注意しましょう。

2.食品由来口臭

ニンニクやネギ、お酒やタバコなどニオイの強いものを口にした際に発生する口臭です。一時的なもので時間の経過とともに解消されるので治療の必要はありません。

3.口腔由来の病的口臭

歯周病、虫歯、舌苔、ドライマウス、オーラルケアの不足など口腔内の病気や機能低下が原因で発生する口臭です。ホームケアだけでは解消できないケースが多いので、歯科での治療を受ける必要があります。

4.全身由来の病的口臭

鼻や喉、呼吸器系、消化器系の病気や機能低下により発生する口臭です。蓄膿症や胃腸のトラブルの他、糖尿病や尿毒症など様々な病気が原因としてあげられます。それぞれ症状に合わせた専門の医科で治療を受ける必要があります。

5.口臭恐怖症

専門機関の検査で口臭が認められなかったにもかかわらず、本人だけが口臭があると強く思い込む症状です。自臭症とも呼ばれます。臭いに関するトラウマを持つ人や神経質な人に多く見受けられる症状で、歯科と心療内科を横断したアプローチが必要になります。

おすすめ口臭対策

ここではいくつかおすすめの口臭対策をご紹介します。

口臭対策1.正しい歯磨きで口臭の原因を取り除く

歯磨きで口臭対策

口臭対策には日頃の歯磨きが最も手軽で有効な手段です。まず歯ブラシは、奥まで届きやすく小回りの利く小さなヘッドのものを選びます。歯磨きの回数は最低限、起床直後と就寝前の2回です。特に時間をかけたいのが就寝前の歯磨きです。寝ている間は細菌が繁殖しやすいため、歯磨きをしないまま寝てしまうと翌日の口臭を強くする原因になります。

正しい歯磨きの方法

歯磨き粉は、ブラシの長さの1/2~2/3程度(約1cm)の量を目安にチューブから取り出します。磨く順番は特に決まりはありませんが、①表側を磨いたら裏側 ②奥歯を磨いたら前歯 ③反対側の奥歯というように、ある程度決めておくと磨き残しが少なくなります。口臭対策では「歯と歯ぐきのきわ」「歯と歯の間」を重点的に磨いていきましょう。

ゆすぎは少なめに

最後に口全体に水を行き渡らせるようにゆすいだら、歯磨きは終了です。なお、フッ素配合の歯磨き剤を使用する場合は、ゆすぎは少なめ(1回)のほうがフッ素の効果が長持ちします。

フロスも使おう

ただし、歯ブラシ単独での歯磨きでは、歯に付着した汚れの6割程度しか落とすことができません。そこでぜひ使っていただきたいのがデンタルフロスです。強いニオイの元となるVSCを産出する細菌は、歯と歯の間などの狭いすき間を好んで生息しています。1日1回はデンタルフロスを使用し、すき間の汚れや細菌をかき出していきましょう。

口臭対策2.舌苔を除去する

舌磨きで口臭対策

口臭の発生源になる舌苔も取り除きましょう。鏡を使い舌苔が付着している部分をしっかり確認しながら、舌磨き専用のブラシで奥から手前へ3~4回掻き出すようにブラシをゆっくり動かします。舌の表面は非常に傷つきやすいので力を入れすぎないよう注意してください。回数は1日1回、朝の歯磨きのついでに行うと効果的です。

ハチミツで舌苔ケア

また、ハチミツを使った舌苔除去もおすすめです。方法はスプーン1杯分のはちみつを舌に乗せて円を描くように舐めるだけ。ハチミツに含まれるタンパク質を分解する酵素が舌苔の汚れを浮き上がらせてくれます。

口臭対策3.虫歯や歯周病を治療する

虫歯と歯周病を治療

虫歯や歯周病による病的口臭は、その原因となる病気を治さないと口臭自体も解消されません。臭いがしている頃には、出血や排膿が起こるなど症状がある程度進行している可能性があります。できるだけ早く歯科医院に相談し、治療を受けるようにしましょう。

日々の予防が大切

また虫歯や歯周病は予防が最も大切です。毎日の歯磨きを徹底するだけではなく、歯科医院で定期検診を受けることも歯周病予防に効果的です。毎日の歯磨きではどうしても落としきれないガンコな汚れや歯石を定期的に除去してもらいましょう。

口臭対策4.口臭外来を受診する

口臭外来で口臭対策

最近では口臭の悩みを気軽に相談できる「口臭外来」のある歯科医院も増えてきました。口臭外来では、専用の検査機器で呼気に含まれるVSCの濃度を測定するなど、より客観的で精密な診断が可能になるのでお悩みが深刻な方には特におすすめです。

検査および診断の流れ

  • ①虫歯の検査(視診、エックス線写真撮影)…虫歯の有無や進行度合いをチェック
  • ②歯周病の検査(視診、エックス線写真撮影)…歯周ポケットの炎症度合いをチェック
  • ④官能試験 …呼気の臭いを嗅いで判定
  • ⑤機器(オーラルクロマなど)による測定…口の中の臭い物質の濃度を測定

口臭対策5.食生活を改善する

食生活を改善して口臭対策

胃腸など内臓の不調による口臭には食生活の改善が必要です。辛味の強い食品は胃の壁を傷つけるだけではなく腸の不調にもつながります。また、油っこいものも胃腸の負担が大きいため胃腸の調子が悪いときは、あっさりしたものや柔らかいものを食べるように心がけましょう。

腸内環境を整えよう

また、腸内環境を整えることもとても大切です。腸内細菌のバランスを善玉菌優勢にするため、善玉菌が好む食品(ヨーグルト、味噌、ぬか漬け、乳酸菌飲料、納豆、キムチなど)を意識的に摂るようにしましょう。揚げ物や肉類は悪玉菌が好む食材なので、できるだけ避けましょう。

口臭対策6.唾液腺マッサージを行う

唾液は口内を清潔に保ち、口臭を予防するための重要な役割を担っています。唾液が少なくなると口の中が乾燥し、細菌が増殖するため口臭だけではなく虫歯や歯周病などの病気にかかりやすくなります。唾液腺マッサージを取り入れることで唾液の分泌を促しましょう。

唾液腺の場所

唾液腺マッサージの方法

口臭対策にサプリメントもおすすめ

口臭サプリメントもおすすめ

自分は口臭がきついのでは?誰かに嫌われたらどうしよう…と心配しすぎると、ストレスによりかえって口臭が強くなったり、場合によっては自臭症に発展したりすることもあります。人には誰にでもある程度の口臭はあり、体調によっては強く出てしまう日もあります。まずは今回紹介したような基本の口臭対策に取り組みましょう。 

また、最近では口臭対策にサプリメントを選ぶ方も増えています。毎日のオーラルケアと並行して、手軽につづけられる口臭対策として選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

▼この記事をシェアする▼

運営会社情報

オススメのエチケット商品