HOME  >  からだタイムズ  >  口臭サプリの正しい選び方と注意点。自分にあったサプリを選ぼう

口臭サプリの正しい選び方と注意点。自分にあったサプリを選ぼう

普段口臭ケアをされている人なら一度は口臭サプリが気になったり、実際に飲んでみたりした経験があるのではないでしょうか。

最近ではさまざまな口臭対策をうたったサプリが販売されていますが、その特徴をよく理解しないまま使いつづけると、期待していた効果が得られない…なんてことも。今回は、臭いの原因に沿った口臭サプリの選び方や、使用上の注意点などをご紹介します。

  • 代表取締役 横尾一浩
  • ●この記事を書いた人●

    グリーンハウス株式会社

    代表取締役 横尾一浩

    医師や専門家の方々と口臭について意見を交わし、15年以上に亘り数多くの口臭対策サプリをつくってきました。その経験の中で得た口臭に関する幅広い知識を、読者の皆さんのために余すことなくお伝えいたします。

  1. 目次

    1. そもそも口臭の原因は?
    2. 臭いを消す方法は?
    3. サプリメントを効果的に活用しよう
    4. 口臭サプリ使用上の注意点
    5. おすすめの飲むタイミング
    6. まとめ

そもそも口臭の原因は?

口臭の原因

さっそく口臭サプリの選び方を説明したいところですが、口臭の原因が分からないままサプリを選んでも徒労に終わる可能性が大です。まずはそもそもなぜ口臭が発生してしまうのかを知り、基本的な口臭対策を理解しましょう。

生理的口臭

生理的口臭はヒトであれば誰にでもある口臭で、一日の中でも起床時と空腹時に臭いが強くなります。ただ、臭いの程度は弱く、他人が感じるほどの口臭ではないのが特徴です。歯磨きや食事、唾液の働きなどで自然にコントロールされるので気にしすぎは禁物です。

病的口臭

病的口臭とは主に虫歯や歯周病などの、口の中の病気が原因で発生する口臭です。中でも病的口臭のほとんどは歯周病が原因であることが分かっています。歯周病による口臭は非常に強烈で、一日を通して強い臭いが持続します。臭いの原因は歯周病菌が産出した「メチルメルカプタン」とよばれる揮発性硫黄化合物で、魚や野菜が腐ったような臭いが特徴です。

病的(全身疾患)口臭

全身疾患口臭は、胃腸のトラブルや副鼻腔炎など“口の中ではない場所”に原因がある口臭です。

胃腸がトラブルを起こすと、食べた物が長時間体内に留まることでやがて腐敗をはじめます。そこから発生した悪臭ガスが血流に溶け込んで、肺から呼気と一緒に外にでる過程で口臭になります。

副鼻腔炎に関しては鼻の奥にある副鼻腔と呼ばれる空洞に膿がたまり、その膿が出す臭いが鼻や口から外にでて口臭になります。

全身疾患口臭は口の中をいくら清潔にしても改善されないのが特徴です。

心因性口臭

この他に、実際は口臭がしていないのに自分には「口臭がある」と強く思い込む心因性の口臭があります。「自臭症」や「口臭恐怖症」と呼ばれるケースで、心理的なアプローチが行われます。

臭いを消す方法は?

口臭対策の2本柱は「口内ケア」と「全身ケア」です。先述した原因にあったケアを行いましょう。

口内ケア

口腔内のケア

①ブラッシング

虫歯、歯周病による口臭対策として最も有効なのはブラッシングです。虫歯、歯周病による口臭は口内にある臭いの発生源(悪臭のガスや細菌)を取り除くことが基本になります。

悪臭のガスを出す細菌は嫌気性菌(酸素が苦手)なので、歯と歯の間といった酸素の少ない隙間に生息しています。ブラッシングだけでは、こういった細かい隙間を掃除することはむつかしいので、デンタルフロスや歯間ブラシなども併用しましょう。

②歯科医院でのクリーニング

虫歯や歯周病は進行するとセルフケアで治すことはできないため、必ず歯科医院を受診しましょう。歯科医院ではプラークや歯石の除去(クリーニング)を基本に、虫歯、歯周病の治療を行ってくれます。またブラッシングの指導を受けることで、虫歯や歯周病の再発を防ぐことができます。

③舌苔(ぜったい)の掃除

舌の表面にできる“白い苔のような汚れ”を舌苔(ぜったい)と呼びます。舌苔は細菌の棲み家になっていて、食べかすや口の中の粘膜を細菌が消化する過程で悪臭のガスを発生させます。舌苔が目立ってきたら、柔らかいガーゼや専用の舌クリーナーで優しく落としましょう。やりすぎると舌を傷めてしまう恐れがあるので、多くても1日1回程度にしてください。

④唾液の量を増やす

唾液には自然治癒力があり、分泌されることで口内の細菌を抑制し、口臭を抑えることができます。唾液が減ると、増殖した細菌が硫化水素やメチルメルカプタンを産出することで口臭の原因になります。

唾液の分泌量を増やすには、よく噛んで食べることが大切です。献立のなかに歯ごたえのある食品を1品加えるなど、日々の食事も工夫しましょう。

全身ケア

全身のケア

①ストレス解消

唾液の分泌は「自律神経」という神経によってコントロールされています。過度なストレスは自律神経のバランスを乱すことから、唾液の減少による口臭の増悪につながります。

深呼吸をする、温めのお風呂に長く浸かる、お出かけをするなど、ご自身にあったリラックス方法を探して実践してください。

②健康的で規則正しい食生活

胃腸のトラブルによる口臭を解消するためには、口内のケアとは違うアプローチが必要になります。

◎暴飲暴食を避ける

辛味の強い食品は胃の壁を傷つけるだけではなく腸の不調にもつながります。また、油っこいものも胃腸の負担が大きいため胃腸の調子が悪いときは、あっさりしたものや柔らかいものを食べるように心がけましょう。便の状態がいつもより柔らかかったり硬かったりするのは胃腸の調子が崩れているサインなので見逃さないようにしましょう。

◎腸内環境を整える

腸内環境を整えることはとても大切です。腸内細菌のバランスを善玉菌優勢にするため、善玉菌が好む食品を意識的に摂るようにしましょう。発酵食品、食物繊維が該当します。また、揚げ物や肉類は悪玉菌が好む食材なので、できるだけ避けましょう。

③専門科を受診する

副鼻腔炎による口臭は耳鼻咽喉科での治療が必要です。日頃からアレルギー性鼻炎に悩む方や、風邪を引いたあとに口臭が強くなる方、ドロッとした粘り気の強い鼻水が出る方は副鼻腔炎の可能性があるので受診をおすすめします。

サプリメントを効果的に活用しよう

サプリメントの選び方

日々の口臭対策とあわせて活用してほしいのがサプリメントです。口臭サプリは様々なものが販売されていますが、大切なのは原因にあわせて自分の症状にあったサプリを選ぶことです。

①口内ケアには「マスキング&殺菌タイプ」のサプリ

マスキング&殺菌タイプは、香料などの香りで口臭を覆い隠すと同時に、口の中の細菌を退治することで口臭を解消するサプリメントです。ブラッシングなどの口内ケアと並行して利用すると相乗効果が期待できます。

口の中で舐めたり噛み砕いたりすることで効果を発揮するように設計されているので、形状としてはチュアブルタイプが多く見られます。水なしでも飲めるのがメリットです。

マスキング&殺菌タイプの主な原料

  • <レモン、ミント、ローズなど各種香料>

    レモン、ミント、ローズなどの香料は、サプリに含まれることで口臭を覆い隠すマスキング効果を発揮してくれます。口臭の原因にアプローチしているわけではないため、効果を感じられる時間は数分間と比較的短いのが特徴です。

  • <オーラバリアⓇ>

    オーラバリアⓇは森永乳業が開発した特許成分です。唾液中に含まれる成分「ラクトフェリン」と「ラクトパーオキシダーゼ」に注目し、酵素の力を高めキレイな息をサポートするといわれています。

  • <茶カテキン>

    茶カテキンは殺菌作用・抗菌作用を持つお茶の苦み成分です。口内で増える細菌の増殖を抑える働きがあるため数多くの口臭サプリに配合されています。

  • <なた豆>

    なた豆は古くから漢方として親しまれてきた素材です。口臭を防ぎ、口内浄化する素材として珍重されてきました。現在でも口臭サプリの他、歯磨き粉の消臭成分として活用されています。

②全身ケアには「腸内環境を整えるタイプ」のサプリ

腸内環境を整えるタイプは、その名の通り腸内環境をサポートすることで、体内から発生する口臭の解消を目指すタイプのサプリメントです。食生活の改善や適度な運動などと並行して活用することで相乗効果が期待できます。体内に摂り入れることを目的としているので、形状としては錠剤タイプが多く見られます。

腸内環境を整えるタイプの主な原料

  • <シャンピニオンエキス>

    シャンピニオンエキスとはマッシュルームから抽出された成分です。腸内環境にアプローチすることで口臭や体臭、便臭を抑えるといった研究結果が報告されており、臭いに悩む介護の現場などにおいて食事に含まれるなど消臭目的で活用されています。数ある口臭サプリの中でも、主原料として使用されることが多い原料のひとつです。

  • <デオアタックⓇ>

    デオアタックⓇは抗酸化作用や抗菌性が高い素材です。口臭サプリには烏合することで、口臭の主な原因物質であるメチルメルカプタンや硫化水素などを素早くキャッチする働きがあります。また、一度取り込んだ悪臭成分を再び放出させないという特徴を持っています。

  • <乳酸菌、オリゴ糖、難消化性デキストリン>

    腸内には良い働きをする善玉菌と、悪い働きをする悪玉菌がいて、さまざまな原因で善玉菌が減ると腸内がトラブルを起こすことがわかっています。乳酸菌、オリゴ糖、難消化性デキストリンは胃では消化されずに腸内まで届き、善玉菌のエサになることで腸内環境を整えます。


サプリのタイプを見分けるためには、上記でご紹介した原料を参考に、検討中のサプリに含まれているメインの原料を確認いただくと分かりやすいと思います。

口臭サプリ使用上の注意点

サプリメントの使用上の注意

口臭サプリは医薬品ではなく食品なので、医薬品のように飲んですぐに効き目があらわれるわけではありません。口臭サプリを飲みはじめたら1週間程度で「効き目がない」とあきらめるのではなく、少なくとも1~2ヶ月くらいは試してみましょう。

また、先述した通り口臭対策の2本柱は「口内ケア」と「全身ケア」です。口臭サプリはこれらのケアを補助するものと考えてください。

口臭サプリを飲んでいるからといって、歯磨きをせずに暴飲暴食をつづければ口臭はなくなるどころか酷くなる一方です。口臭サプリだけに頼らないように注意してください。

おすすめの飲むタイミング

口臭サプリを飲むタイミング

サプリメントは医薬品ではないので、「食前」「食後」「1日1回2錠まで」など、飲むタイミングや量についての決まりはありません。ただしサプリメントの種類によって、効果を発揮しやすい適切なタイミングというものがあるので、以下を参考にして上手にサプリを利用してください。

サプリを飲むタイミング1-マスキング&殺菌タイプ

口臭は起床時や空腹時に最も強くなり、昼食や夕食後は最も弱くなります。起床後はすぐに歯みがきや食事をすることが多いので、マスキング&殺菌タイプのサプリは、口臭が強くなる「朝食と昼食の間」または「夕方」に利用するのがおすすめです。

サプリを飲むタイミング2-腸内環境を整えるタイプ

腸内環境を整えるタイプのサプリは、一日の中で最も食事の量が多い時の「食後」か、肉や魚など動物性タンパク質を多く摂った時の「食後」がおすすめです。

まとめ

口臭サプリまとめ

口臭サプリの選び方をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。口臭の原因は実にさまざまで、口臭サプリはその原因に合わせて選ぶことが大切です。また、サプリだけに頼るのではなく、原因に応じた口臭対策も並行するとお悩みの解消にグッと近づくはずです。

参考:DEOATAKⓇ(デオアタックⓇ)植物由来の高濃度ポリフェノール含有素材|株式会社高砂アロマス

参考:口内環境を改善する機能性素材「オーラバリアⓇ」とは?|森永乳業 まいにち乳(にゅう)Life

参考:シャンピニオンエキスとは?|株式会社リコム




【この記事を読んだ方はこちらもご覧になっています】
口臭治療の流れと費用は?歯科医がわかりやすく解説
口臭は胃腸の危険信号?内臓からくる臭いの原因と対処法
口臭は種類によってにおいが違う?種類別の原因を解説
ニオイの元を直接キャッチ!強力Wパワーで腸内を整える!
舐めるだけで簡単エチケットケア!

運営会社情報